いぬもねこも大好きです。「ねこ預かりボランティア」をしています。


by ひーまま
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ジルくん( 10 )

幸せ報告~ジルくん

2年前の5月にセンターから我が家に来た、アメショMIXのジルくん。
衣装ケースに入れて公園に棄てられ、センターに収容され、やつれやせ細っていたジルくん。
人への不信を抱え、子供にも他猫にも「先手」で攻めてしまい、やむなく預かり移動をしていただき、その後すぐ今のねこ親様から、「ジルくんを我が家に」と言っていただき・・・あれから1年半経ちました。
ねこ親様は我が家からローカル線で3駅の超近いおうちです^^
a0164292_16375676.jpg
ジルくん。玄関でお出迎えしてくれました。
「ダレダ」
a0164292_16381153.jpg
独り猫暮らしを満喫するジルジル、幸せな背中です(笑
「ナデロ」
来客にはこうして背中を向け、撫でろと催促するというジルくん。
うちにいた頃は、そこまで人と近寄れなかったから、体と一緒に心も少し丸くなったのかな^^
a0164292_16383343.jpg
うちに来た時はガリガリで、心もとげとげしていたけど、ジルの性格を1年がかりでしっかり把握してくださり、無理をせず、彼と折り合って暮らしてくれているママさんのお陰です^^
a0164292_16385066.jpg
a0164292_1639417.jpg
a0164292_16391925.jpg
ネズミのおもちゃが大好きなジルくん。でも、ちょっと無精者・・くすくす。


お土産、ありがとうございます!!桜エビのおせんべい、も~~たまらない美味しさでした(^u^)
a0164292_1642588.jpg

Mさん、ジルくんとの暮らしを楽しんでくださり、ありがとうございます。
王様ジルくんをどうぞこれからもよろしくお願いします。

ジルくんとのブログ→「ジルさんは、今日も不機嫌
[PR]
by hi_mama825 | 2014-04-26 16:58 | ジルくん
ぽてとに続きまして、ジルくんの半年報告が届きました<(_ _)>
1年前、センターよりジルは我が家にやってきました。
ジルは4月下旬に千葉県内の某公園のトイレに、衣装ケースに入れられて棄てられていた子です。
助けたい思いの人はいたようですが、結局そのままセンターに収容されてしまいました。
我が家に来たジルは、目が飛び出そうなほど怯えきった子でした。首には首輪の跡がくっきり禿げてあり、あばら骨がごつごつし、疲れ切った表情をしていました。
3日間、食事を口にすることなく、水すら飲んだか分からず。結局獣医に飛び込んで、栄養補給していただきました。
その後徐々に元気を取り戻したジルですが、我が家の猫たちとうまが合わず、激しい喧嘩をするようになり、居合わせた私や、娘、噛まれること数回・・・ジルにもストレスの日々となってしまい、相談の上、預かり移動をしました。
そして、ジルはひとりで穏やかに暮らせるようになり。赤い糸がめぐってきました。
そのジルの幸せな半年報告です。Mさま、ありがとうございます。

a0164292_050624.jpg
a0164292_0501845.jpg

こんにちは。ご無沙汰しております。
ジルくんをお迎えしたMです。
12月の正式譲渡から半年経ちましたので、ご報告のメールを差し上げました。

実は、この4月から私の環境が変わりまして、平日の帰宅が夜10時になるようになりました。
週に1日は早帰り日を作っていますが、ジルさんの留守番が長くなってしまいました。
帰宅すると盛大に甘えてきますので、急いでごはんをあげて、たくさん遊んであげるようにしています。

また、どうしても自分の睡眠時間が短くなるのですが、ジルさんが一緒だと気になって
熟睡できないため、これまでは一緒に寝ていましたが、夜だけ寝室から締め出すことにしました。
朝、ドアの外で甘えた声で鳴かれ、甘えて来られます。

さらに、冬の間はこたつを作っていましたので私の膝に乗ったり背中にくっついていたりと
かなりベタベタしていたのですが、今日ようやくこたつを上げて、
テーブルで椅子に座る生活に戻りましたところ、ジルさんはどこにいていいか迷ったらしく、
膝の上に無理やり乗っては落ち着かなくて降りたり、ちょっと離れたところにある座布団や座卓の上に座って
じっとこちらを見たりしています。
結局いまは、私が座る椅子の後ろ(背もたれの手前)に腹ばいになっています。
ちょっと不満そうです。

そんなことが重なって、寂しい想いをさせています。
できるだけちょこちょことでも遊んであげるようにしています。

前回のワクチン接種がGW中だったので、5月3日に近所の動物病院に連れて行って
ワクチンを注射してもらってきました。
ついでに爪を切ってもらったのですが、案の定暴れて、後ろ足しか切れませんでした。

そこの獣医さんに、もっと泌尿器の病気に気をつけるように、と厳重に注意されました。
(ちょっとメタボ気味だったのがよくなかったようです。)
・尿路結石に配慮したごはんに切り替えること
・ウェットのごはんを食べるなら、ウェット中心にしたほうがよいこと
・ごはんを食べた直後の尿にはマグネシウムが多く混じるので、
 いわゆる「猫食い」をさせず、朝晩で食べ切れなかった分はさげること
を指導されました。

ただ、ジルさんはウェットのごはんは一度にたくさんがっついて戻してしまうことがあるため、
「ウェットのごはんを」「朝・晩だけ食べさせる」と体が受け付けないのではないかと思います。
留守番が長いのでウェットのごはんを出しっ放しにもできないので、
とりあえず「尿路結石に配慮したドライごはん」を「朝・晩だけ食べさせる」ことを
この2日間ほど試しましたが、まだ慣れなくてジルさんは相当ストレスが溜まっているようです。
見ていて忍びないので、ごはんだけ尿路結石用のものにして、あげ方は今までどおりに
しようかと思っています。
ジルさんは、水はよく飲んでおしっこも(回数は数えていませんが)きちんとしています。

ウェットのごはんには、最近好き嫌いが出てきました。
モンプチのごはんには見向きもしません。カルカンも一口ふた口食べてそっぽを向きます。
いなばの缶詰が大好きなのですが近所のドンキホーテではいつも置いているわけではなく
ストックが切れそうになったので他の缶詰をあげたらハンストされました……。
仕方がなく、今日の晩ごはんに最後のいなば缶を開けたら、大喜びでがっついた挙句
半分をキルティングのラグの上に戻してしまいました。
(いま、夜中にラグを洗濯中です。)
(ジルさんは、毛玉を吐くのも敷物の上のことが多いです。床の上でしてくれたほうが
 掃除が楽なのに、と思いながらその都度洗濯機を回しています。)

ジルさんがうちにきて半年のお祝いに、レンジでチンしたささみをあげたところ
大喜びでぺろっと平らげた挙句器をなめ回していました。
ほかのごはんを食べなくなると困るので、これからも特別なときにだけあげるようにします。

そんなわけで、ここへ来てジルさんのごはんには模索が続いていますが
その他はおおむね、噛まれたり引っかかれたりしていますが仲良く過ごしています。
そうそう、ジルさんのメタボ対策に、先日ようやくキャットタワーを買いました。
案の定ジルさんは、おやつかおもちゃで釣らない限り自分からは昇りません。
昇っても用が済めばすぐに降りてしまいます。
荷造りヒモを振り回したほうがよほどジルさんの運動になっている気がします。

写真は、カメラマン(姉か甥・姪)の手配(笑)が付かず、まだ撮れていません。
撮影できましたら追ってお送りします。
いちおう、先日自分撮りした写真をお送りします。自分の顔は入っていませんが。

日常のあれこれはブログに書いておりますので、よろしければ引き続きそちらをご覧いただければうれしいです。
-----

-----

こんばんわ。Mです。
返信遅くなり失礼しました。

>そこまできつく言われたのは、尿検査か血液検査で
>異常値が出たからですか??

特に検査はしていません。ジルさんを一目見て、
肝心のワクチン注射をするより前に指導されました。
去勢した雄猫がメタボ気味だったので「この飼い主は
去勢した雄猫の健康リスクを理解していないのかしら」と
思われたのかもしれません。

2月に「ざそう」で連れて行った別の病院の獣医さんも
「尿路結石が心配なので、うちの猫には普段からFLUT対策の
 ごはんをあげてます」
と聞いていたので、ジルさんにもカリカリごはんはFLUT対策ものに
しようと考えています。
毎日のことなので、あまり高くないものにしようと思っていたのですが、
やはり安いとあまり効果がないのでしょうか……。
マグネシウム含有率で比べると、多くのFLUT対策ごはんが0.08%ですが
いまあげている毛玉ケア用のも0.09%なので
いっそ今のままでもいいのかしら、とも思っています。
(今のごはんがまだかなり残っているので/汗)

缶詰ごはんは、好きじゃないものですぐに食べなくても、
しばらく置いておけばあきらめて食べるかしら、と様子を見たのですが
1時間以上放っておくと傷みそうなのが心配で、ついくじけて
ジルさんの好きなごはんを出してしまいます。
根競べには負けがちです……。
ただ、ジルさんの好きな缶詰は特に高いわけではないので
だったら好きなものをあげようと思います。
好きなごはんが出てきちんと食べるようになってから、
ジルさんも落ち着いてきたように思います。

実は、カリカリごはんは1日に必要な量を食べきっていません。
朝夕40gずつあげていますが、いつも10から20gほど食べ残しています。
なのに太るんですから、これは食べ物の問題というより
あきらかに運動不足が原因だと思います。
最近は、遊んでいてもジルさんはすぐに床にコロンと
寝転がってオモチャを構うんです。
遊ぶ間さえ立っていられないかと情けなくなります……。
(いちど、ひっくり返ったままテーブルの脚を蹴ってフローリングの床を
 すべって移動してオモチャをキャッチしたときは笑っちゃいましたが。)

ジルさんの甘え鳴きは可愛いのですが、
「そんな可愛い声だしちゃって、ジルさんのくせに」
なんて思ってます。

たまに、うちにジルさんのいることが、しあわせだなぁとつくづく思います。
これからもよろしくお願いします。



Mさま、ジルとの2人6脚を、丁寧に綴ってくださり、ありがとうございます。
初めての猫との暮らしで、いろいろ戸惑いも多いと思いますが、Mさまのよき方向に進まれるのがよいと思います。
私たちの出来るアドバイスは一般論ですし。
ジルのことを一番におわかりなのがMさま、本当にそう思います。

ジルが幸せ太りしている今、一年前がうそのようです。
これからも、自分一番で、わがもの顔なジルを、どうぞ可愛がって、そして、面白がって楽しく暮らしてくださいませ。よろしくお願いします<(_ _)>
[PR]
by hi_mama825 | 2013-05-20 01:10 | ジルくん
日曜日、ジルくんに会いに行ってきました。
a0164292_051527.jpg

ジルのおうちは我が家から電車で3つ、しかも職場からは徒歩15分と、とっても近いのです。
そんなジルですが、11月に神奈川の預かりさんの元より巣立ちました。
我が家にいたのは、5月~8月末の約3ヶ月半。神奈川の預かりさんちにいたのは2ヶ月半。
そして、本当のおうちに行って、3ヶ月半となりました。

ジルについては、いろんな思いが私の中を廻り廻り。。
ジルの存在を知って、引き出してもらって、預かって、多くの葛藤がありました。
私が保護してよかったのか。
引き出して、よかったのか。

最初の頃はジルは多少手は出すものの、割合穏やかに過ごしていたのに、ある日を境に、うちの子たちがジルを恐れ、ジルも嫌い、お互いに扉越しに唸り上げる日々になり、お互いに多くのストレスを抱えさせてしまいました。
そして、7月末に大げんかになり、間に入ってしまった私の足に噛みついて、穴が3か所開きました。
でもそれは自分のこと、自分の不注意。。

しかし、8月中旬、犬の散歩中に留守番していた娘を襲ってしまいました。私と同じ、足に穴をあけました。幸い縫うことはありませんでしたが、娘の心に大きな恐れを植え付けてしまいました。

ジルには申し訳ないけど、そこからは3段ゲージで過ごす日々になってしまいました。出すのは数時間の毎日でした。

そんな中、先住猫のいない預かりさんを紹介してもらうことが出来ました。
とてもジルにとってよい方で、ジルの性格もしっかりつかみ、ジルの心をほぐしてくれ、ジルにとってくつろげる仮宿が見つかったのでした。
そして改めて募集をすると、なんとすぐに「ジルくんを」と嬉しいアンケートが届いたのでした。

ジルのことを我が家のブログの頃から見守っていてくれた方で、突然我が家からいなくなったジルを心配し、そして新しい預かりさんの元にいるジルを見て、決心されたそうです。

でも初めて猫を飼われる女性の方なので、預かりさんも私もとても慎重になりました。
かなり気難しいジルなので・・・

でもとても穏やかにそして誠実に私たちの言葉を受けとってくれる方でした。トライアルをスタートすることとなりました。
やはり当初はいろいろ大変だったようです。
いえ、ジルに限らず、猫を飼うことの大変さも改めて知られたようです。

でもやはり私たちの言葉をちゃんと受け入れてくださり、またジルとの信頼関係が出来るまではゆっくりと・・・とジルを尊重して暮らしてくれているおかげか、ジルとの暮らしは穏やかに過ぎていました。(あ、猫パンチやいらっとしたときに噛みつくこともあるようですが~^^;)

ブログも作ってくださり、ジルとの日々を綴ってくれています。→ジルさんは、今日も不機嫌
このタイトル(苦笑)、でもこのタイトルを見て、なんだかほっとした私です~。

そして譲渡から3ヶ月半。我が家にいた頃と同じ期間を経たので、改めてジルの様子を見させてもらうためにお邪魔してきました。
ジルは、「あんた、だれだっけ?」って感じでした~~笑
でも猫のにおいがあるので、クンクンと耳をブーメランにしてかいでました。
そうそう、うちの猫たちとは相性悪いから、きっと不快なにおいだったんだろうなぁ~~。幸いパンチはされませんでした。
a0164292_054216.jpg
すぐにこたつにもぐってしまったのですが、最後はおもちゃで遊んでくれました。
で、も、体重の増えた(保護当初は3kg台と激やせでしたが、今は5kg超え)ので、ちょっとおなかがメタボで、動きが・・・ぷぷぷ。よいしょ~こらしょ~って感じでしたね。
でもジルはほんとにおもちゃが好きで、可愛い奴です。

ジルはまったりと暮らすことが出来ました。本当に素敵なママさんと、こうして暮らすことが出来、ご縁に感謝しています。

ジルを幸せにしてくれた預かりさんにも感謝しています。

ジルを保護したことで、多くの悩みもありましたが、それ以上に素晴らしい人との出会いがあり、そして助けられました。感謝をこめて・・・・
応援くださった皆様、本当にありがとうございました。
ジルは幸せになりました!!
a0164292_055667.jpg



-----
今日の「甘ちゃん」。
a0164292_015686.jpg

少しだけ緊張がほぐれてきました。なんとごはんを今日まで食べてくれませんでした!!汗
やっと留守中に缶詰をちょいと食べてくれたようで、ほっとしました。。
そして、目薬をして撫でていると、やっとやっと「ゴロゴロ」と喉を鳴らし、そして、動画のようになりました。。

ありがとね、甘ちゃん。ぼちぼちと仲良くなろうね!(^-^)
[PR]
by hi_mama825 | 2013-02-20 00:16 | ジルくん

僕ら 元気です!



毎日毎日、まぁ、元気でやんちゃな3匹です。

もうすぐ我が家の娘が高校受験なのですが(あと6日!)、おかげで気がまぎれるというか、くさくさしてる暇がないほどにぎやかです~~^^
ほんとに、若いってすばらしい!!(?)

こんな3匹、1/27(日)ちばわん ねこ親会IN品川に参加予定です。
なんと、バナーには「フェイフェイ」が!!!
a0164292_2328857.jpg
バナーに乗ると、良縁がめぐってくるというジンクスがあったような・・・
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


さて、隠れジルファンの皆様へ。
ジルのねこ親様からお写真をいただきました。
a0164292_23333234.jpg

a0164292_2333472.jpg

ジルくんとの日々も最初は戸惑いも多く、悩みも多かったねこ親様ですが、2ヶ月経ち、気持ち的にも落ち着いて過ごせるようになったそうです。
ジルもお布団でぴったりひっついて寝たりするようで(でも油断するとパンチが出る)。まぁ、彼なりに不器用ですが甘えてるようです^^

何よりねこ親様の優しさが、本当に素晴らしく。そして私たちのアドバイスもきちんと受け入れてくださること、感謝ばかりです。
ねこ親様とジルくん、末永くお幸せに!!
[PR]
by hi_mama825 | 2013-01-11 23:34 | ジルくん

嬉しいご報告!

我が家に滞在3ヶ月ちょい、そして8月末に諸事情で「まったり猫が好き」に預かり移動した「ジルくん」ですが、先日お見合いをしまして、めでたく「ねこ親様決定!」となりました!!

お見合いには「ひーままもぜひ」と言っていただきましたので、お邪魔して、ジルに再会し、希望者さまともごあいさつしてきました。

ジルはやっぱり一人っ子ライフを堪能しておりました。
a0164292_22521866.jpg
a0164292_22523477.jpg

さらにこの日はお客様登場で、どうもよそ行きのお顔していたようですし、さらに「普段はしない、できないこと」までやってくれました。
このタワーも、普段はぜんぜん興味なしだそうですが、今日はしっかり登って、モデルしてくれました。
まったり猫のジルも、預かりさんが見出してくれた「紐遊び」でたくさん遊びました。
我が家では他猫と毎日戦々恐々でぴりぴりしていて、遊ぶのも、なかなかゆっくり出来なかったのですが、今はゆったりできるからか、集中して、楽しそうに遊んでました。

ジルは冷めた部分と熱い部分があるのですが、一緒に遊ぶことで、信頼関係を深めることができ、預かり2か月弱の今の預かりさんとはなんかぶっとい絆が見えました。
改めて私も預かりとしてまだまだ未熟だと実感し、そして、こうして他の預かりさんと猫を通して学びあうことが出来る嬉しさに、本当にありがたく思いました。

爪切りも大変なジルですが、3本切りました!と笑顔の預かりさん。う、うらやまし・・・!

で、ねこ親様のもとでのトライアルはちょっと先に11月初めとなったそうです。私もお届けにお伴させてもらえることになりました。
とっても優しいねこ親様です。
ねこを飼うのは初めての方ですので、今後のフォローが必要です。
それが。。。なんと私の職場から徒歩20分の場所であり、また家からも遠くないおうち・・・なんとも嬉しいことです。

「なぜジルですか?」と失礼ながら伺わせていただきましたら・・・
「ジルくんだからです」とおっしゃってくれました。
ジル以外にもっと飼いやすい子がいるとしても、ジルでなかったら、猫を飼うことを考えなかった。。
涙が出るほど、嬉しい決意を聞けて、ジンとしました。

ジルが我が家にいた時から、ずっと見守ってくださったそうです。移動の理由もお話しましたが、では、どうしたらジルと仲良くしていけるかと、私たちの話をきちんと聞いてくださいました。

この方にジルをお願いしよう。そう思いました。

ジルを応援くださった皆様に嬉しい報告が出来たこと、よかったと思います。

預かりのSさんには、本当に感謝ばかりです。こんな素敵なご縁を見つけられたこと、本当に感謝感謝です。
そしてジルと仲良くなってくださり、本当にありがとうございます。
あとちょっと、男どおしの仲を堪能?してくださいね(*^_^*)
「まったり猫が好き」


帰路、ふらり途中下車してみましたよ♪
a0164292_2320855.jpg
a0164292_232020100.jpg
a0164292_23203067.jpg
a0164292_23204415.jpg
a0164292_23205485.jpg

先日NHKで特集していたのを見たので、そのポイントを押さえて見ました(^-^)
ほんとに美しい東京駅でした。
今度は夜に行きたいな!
[PR]
by hi_mama825 | 2012-10-16 23:17 | ジルくん

逢いに行ってきました

a0164292_22345171.jpg

先月25日に、預かり移動した「ジル」。
預かりさんとの二人暮らしにも3週間経ち、すっかり馴れたジル。
日中はよく寝て、預かりさんが仕事から帰宅すると、玄関で出迎えて「ごはん!」を催促し、夕飯後は遊んでもらい、すっかり一人っ子ライフを満喫しているという・・・
そのジルに逢いに行きました。

ピンポンを鳴らすと、早々にカーテンの陰に隠れてしまったようですが、預かりさんがちょいちょいと押し出すと「なんにゃー、おまい、ちょいと知ってる匂いするぞ」とフンフンと私の匂いを嗅ぎまくる。
そして、ぷいっと向きを変え、いつものテーブルの上に乗っかって、「そろそろお昼じゃないですか?」とフンフンしている(笑
a0164292_22264654.jpg

我が家にいた頃と変わりない、ほんとにマイペースなジルのまんま(*^_^*)

移動して数日は目の前を通るだけで「シャー」の猫パンチだったそうで、その後、心が落ち着くと、シャーのパンチは収まったとのこと。
今は、遊び相手を求めるように、手にしがみついてあま噛みをするのが、ジルの犬歯は太いのでかなり痛いけど、でもジルなりに加減はしてるから・・・預かりさんは、とにかくジルに「噛むと痛い」ことを伝えながら、他のおもちゃ遊びで相手をして、彼のストレスを減らして行こうと、日々ジルに付き合ってくれてます。

再会のジルと、ねこじゃらしで遊ばせてもらいました。
a0164292_22371798.jpg

「そんなのより ごはん」と乗りの悪いジル(苦笑)
でも、徐々にエキサイトして、繰り出すパンチはやっぱり強力ね。
でも、手には来ないでちゃんとおもちゃで遊んでくれました。

その後「あーのど乾いた」と水飲みに行って、
a0164292_22353841.jpg

そのまま、おトイレのあるトイレに廊下を通って行って「ジャー」と。
移動後も粗相なく、きちんとトイレする綺麗好きなジルです。

困ったこと、他にあります?と聞くと、クローゼットを押してあけ、中に入るくらい・・・とのことでした。
うちにはリビングにはクローゼットなどもちろんありませんので、初体験なのに、出来ちゃったのね・・・いや、もしや昔暮らしていた家でやってたことなのかしら?
ゴミ箱も覗くけど、ひどく荒らしたりせず、ケーブルも噛むこと無く。
ほんとに手の掛からない、大人の猫の静けさも持ったジルです。

我が家にいた頃は、多くの猫、犬、人に囲まれ、落ち着く暇が少なかったのかもしれません。
8月になり、狭いゲージ暮らしは、のんびり窓辺に寝そべりたかった彼には、ほんとに辛かったと思います。

チームワークのお陰で、ジルにとって素晴らしい預かり先を探すことが出来ました。
尽力くださったちばわんメンバーさんたちには本当に感謝です。
ジルを受け入れてくださった預かりさんにも感謝です。

ジルの募集は、そろそろ再開するそうです!
どうぞ、応援よろしくお願いします<(_ _)>

★ジルの預かりさんのブログ→「まったり猫が好き」★
[PR]
by hi_mama825 | 2012-09-16 22:38 | ジルくん

長らく

a0164292_2356535.jpg

a0164292_23565367.jpg

携帯からですみません。
やっと長い夏休みが終わり、長い暑さも終わり、いざパソコンに向かおう!としたのに、なぜかインターネットに通じず…何度かチャレンジしましたが、今日は断念しました(涙

昨日は娘の誕生日でディズニーシーに行き、ミラコスタでランチをプレゼントしました。テラスからショーも観れ、ちょっとだけ水も浴びました(笑)
受験生の娘、ひとときの休息でした。

巣立ったゆきちゃん、移動したジルくん、ふたりとも元気な様子です。
ジルは我が家の猫たちと7月から本気喧嘩をするようになってしまい、先月半ば猫たちと仲良しの娘にも本気で攻撃をしてしまい、やむなくゲージ暮らしになってしまいました。
そんな中、ジルを一匹で預かってくださる方が手を差し伸べて下さいました。
移動して一週間、すでに羽をのばしまくりなジルです。
ジルの今後も見守って行きます。
[PR]
by hi_mama825 | 2012-09-01 23:56 | ジルくん

ジルの変化

我が家に来て3週が経過し、ジルはもうおどおどびくびくすることもなくなりました。
a0164292_14181359.jpg

普通の家庭猫らしくなりました。
帰宅すると「ごは~ん」とすりすり足に絡みついて催促する。
おなかが減ってると台所に登って、私に「こら!」と怒られると、「ぎゃ!」と慌てて、ささっ(汗)と逃げる(笑ブラッシングも出来る。(途中から甘え噛みするけど~~^^;)
a0164292_14184633.jpg
夜、パパさんがのんびり寝転んでいると、ちゃっかり足の上に乗っかってくつろぐ。
a0164292_1419680.jpg
a0164292_14193057.jpg

クッションの上でまるまり、床でごろ~んと寝転ぶ。当たり前の猫のくつろぎが出てきました。

どれをとっても、ほんとに可愛い猫の姿、普通の家庭猫です。
棄てる理由が分かりません・・・特にいたずらして困る!とか、噛みついて困る!なんてありません。。
a0164292_14194710.jpg

「きっと毎日こうしてのんびり甘えていたんだな」とパパさんいわく。

ジルの首にはしっかり首輪の跡があります・・・。
それはちゃんと首輪をつけて暮らしていたから。
そしてジルはちゃんと愛されて育った感じがします。
でも、やせ細った腰・・・どれくらい飢えていたのだろうかと思うと切なくなります。

ジルはゲージでもちゃんと大人しく過ごします。
部屋で開放していても、遠くまで行かないし、窓の外に出たいとも言いません。
それはもしかして、狭い場所に閉じ込められることが普通だったのかもしれません。
足腰の筋肉もない・・・ごはんも満足に貰えていなかったのか・・・

可愛がられていた時代と、
むげにされてきた時代と、
両方を知っているようなジル。
a0164292_1420549.jpg

今は一生懸命私たちに媚びているのかもしれません。生き延びるため。
a0164292_14202225.jpg

でも少しずつでも、リラックスしてくれたとすれば、嬉しいです。
突然の多くの猫や犬に囲まれる暮らし。
ジル、よく頑張っているよ。
a0164292_14212362.jpg

えらいよ。。

ジルくんのちょこっと動画です♪

[PR]
by hi_mama825 | 2012-06-04 14:28 | ジルくん
a0164292_19151312.jpg

ジル、やっとカリカリごはんも食べれるようになりました!
昼間はゲージから出てひなたぼっこしたり。。。やっと普通の猫らしく暮らせるようになりました。
うちの猫ず&犬ずとも特にトラブルなく、ぽてちに「シャー」みかんに「シャー」言われても、「おれはなにもしないよ」とすっと避けていったり、目を伏せて、寝てしまう子です。
毛変わりでぼさぼさしてますから、ブラシしてあげたいけど、今は布で撫でる程度にしてます。
うちに来て10日、頑張って環境に馴染もうとしてます。

ジル、やはりぽてとと同じくらいか、ちょっと年上(シニア?)のような感じがします。
a0164292_10331055.jpg

昼間はゆっくり寝るし、夜もゲージINでも不満言わず。
穏やかな子ですね。
ただし、無理に抱っこしようとしたり、寝てるのを起こそうとすると、「やめれ!」ときっとします。
そこは一本、彼のプライドなどがある気がします。
大人のプライド。でもそれは人でも当然ですよね。
歯向かったり、シャーしたりすることはありません。ちゃんと目と耳でわかります。

ジル可愛いです。
a0164292_10321833.jpg

しっぽを手に巻きつけるのが、可愛いのですよね♪

ジルくんの動画もUPしますね。
今日初めてゴロゴロしてくれました!!
他の猫がやってるのを見て、どうやらまねたようです。。。
ちょっとびっくりしましたが、これも馴れて来てくれたってことですね!

[PR]
by hi_mama825 | 2012-05-23 10:36 | ジルくん

ジルのこと

我が家に来て1週間になりました。
移動移動で疲れ切ったジルくん。
a0164292_17301935.jpg

初夜こそ「シャー!」と恐怖に震えながら威嚇し、体に触れると、爪も出し、引っ掻かれましたが、その後は穏やかさを取り戻し、ひたすら丸まって寝てました。

でも、まったく食欲が無くて・・・いろいろ試しながら、様子を見て3日。
無理やりシリンジでミルクや流動食を飲ませるも、ほんの数ミリ単位。。
ジルは動くことも寝床で身動きするくらいでした・・・
トイレも1回行くかどうか・・・
さすがにまずいと思い、ほんとは今は信頼関係を作りたい、あまり動かしたくなかったのですが、そうも言っていられず、獣医さんに連れて行きました。
そして火曜日と木曜日に点滴を受け、猫風邪治療もしてもらいました。
3.7kgです・・・おそらくシニアくらいの年齢の大人猫がその体重・・・腰の薄さが痛々しいです。

早く食べてほしい・・・根気強くシリンジで食欲を起こそうとしたりしました。
すると、やっとやっと金曜の昼から、かつぶしを食べてくれ、夜にはかつぶしと缶詰を食べ、普通の猫らしくなってきました!

でもまだちゃんとグルーミングしてない感じです。ぼさぼさ。。お口の周りも濡れ濡れ。
スキンシップも兼ねて、食後など拭いてあげてます。
猫がお互いに舐め合うように。。

そして、まだ完全に信頼はしていないけど、音にどきっとする様子もあるけど、でも、ジルは少し私たちを頼るようになってきました。
今のジルです。
a0164292_17293585.jpg
a0164292_17293038.jpg

自分でゲージを出て、ここを寝床に決めました。
日の当たる窓辺に、今は穏やかにねむっています。
うすっぺらい体・・・
a0164292_1731210.jpg

でも、そっと「ジル」と声を掛けると・・・びく!っとして「うみゃ!」と飛び起きました。
よほど怖い経験をしたんだと思います。


ジルの過去。
昔のことまでは分かりませんが・・・

ジルは県内の某公園のトイレに、箱に入れられ棄てられていたそうです。
それを見つけた人は保護出来ない状況だったようで、保護せずにネットに里親募集を出したそうなのですが、結局、引き取り手がいなかったようで、ジルは富里のセンターに収容されてしまいました。
ちばわんに相談のメールが来たため、その経緯を知ってしまい・・・ボランティアの先輩に相談し、センターから引き出してもらいました。
a0164292_1732119.jpg

ジルは飼い猫です。人に馴れています。家に馴れています。
何より首輪の跡がくっきりとあります。。

今が多少元気が無いからかもしれませんが、シリンジでミルクをあげると多少嫌がるけどでも全然大丈夫。
目薬もびくっとするけど、ちゃんと出来ます。
人に馴れてない猫ではありません。
愛を持って飼われていたと思います。。

獣医さんでも頑張って点滴を受けました。怒りもせず、「いたいよ」とうーと低く唸ってはいましたが、歯を剥いたりしませんでした。
「おまえ、ほんとにえらいぞ」といっぱいほめてもらったジルです。
a0164292_17314155.jpg

こんないい子なのに、どうして箱に入れて棄てた??
どうして無理やりこじ開けてでも逃げ出さなかったの??
どうしてセンターに行かねばならなかった??

ジル、怖かったね。
ジル、よく生きていてくれたよ。
絶対、元気にしてあげるからね・・・頑張ろうね。
[PR]
by hi_mama825 | 2012-05-19 17:36 | ジルくん