いぬもねこも大好きです。「ねこ預かりボランティア」をしています。


by ひーまま
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:サッチー(個人保護)( 2 )

レクイエム

サッチーですが、先週亡くなってそうです。。
最期までたーぼーさんに愛されて、手厚く看護されていましたが、吐血下血、最期は倒れて逝ったそうです。。

1月、私の住まいの近所のコンビニに居ついて、ゴミ箱の横で過ごしていました。
お客さんなどからごはんを貰って暮らしていたそうです。
でも、中には「不潔!」とクレームを言う方もいて、保健所に通報、連れて行かれるところを「連れて行かれたら殺される」と知って店長がその場をとどめてくれ、ひっそりとそのまま軒先で暮らさせてもらっていました。
あまりに寒い夜もごはんを求めていたサッチー。
思い切って店長に言ってみると「あのままじゃ不憫で・・・連れて行ってくれると助かります。有難う!」とのことだったので、連れ帰り、そのまま病院へ。
検査結果・・・エイズ陽性だった・・・
そしてひどいシラミのたまご。。。途方にくれてしまった。

やせ細ってひんそなサッチーだったけど、その笑顔と、優しさと、甘えっぷりが心なごましてくれる子だった。
片目がすでに見えていなくて、白濁していた。
シラミはいくら取っても取っても取りきれず・・・
一晩湯たんぽやカイロなどで保温してダンボールハウスでベランダ暮らしをしてもらった。駆虫の薬を飲ませ、ごはんをあげて、仕事に行き、帰ってハウスを覗くと・・・缶詰の缶にはものすごい量の回虫!!缶詰を食べながら、吐き出したのだろう・・・そのあまりのすごさに私まで吐きそうになった・・・。

途方にくれて、とうとうちばわんのスタッフ・たーぼーさんに相談してしまった。このままベランダ住まいさせるなんて、これでは今までのコンビニ暮らしとあまり変わらない。雨露はしのげ、ごはんはあげれるけど。。
どうすべきか。エイズ陽性だから、狭い我が家ではベランダ以外で隔離できない。。

そんなほとんど無茶な相談をたーぼーさんは聞いてくれ、サッチーを引き受けてくれた。
その代わり、のり&りーを・・・とのことで、お願いすることになった。

たーぼーさんちに行って、体表のシラミとおなかの中の駆虫を継続され、そして避妊手術を受けた。
そして検査して、片目の眼圧がかなりかかってるようで、飛び出てしまっているので、眼球を取ることになった。
2月、手術を受けた。が、術後、ひどく顔が腫れあがり、回復も思わしくなかった。
そんな中、たーぼーさんのおうちに保護されていたわんこのプリンちゃんととても気が合ったようで、猫とは触れ合えないサッチーの心の友になってくれた。
また、たーぼーさんを見ると甘え、「カニカマ」をこよなく愛して、ストーブの前を好んで座って、癒し癒されな日々を送って行き、そして徐々に術後の経過も良くなった。

でも、今度はシラミがなかなかよくならず、薬浴などをガンバってくれたりしたが、今度は皮膚の状況がよくなくなったり・・・その繰り返しだったそうだ。

その間、プリンちゃんがいぬ親様の元に行き、そのあたりから急激に食欲も落ちて、体力が落ちていったとのことだった。。仲間がいなくなったためなのか??

3月、たーぼーさんはそんなサッチーの様子を日々よく診てくれた。そして、サッチーの余命が短いことを察してくれ、「うちの子にして、可愛がります」と言ってくれた。
ねこ親探しのためにいっぱい治療してよくしようとしてくれたが、それも今のサッチーを思うと、過酷な治療ということで、もうそんな辛い思いさせずにのんびり暮らさせてあげようとのことだった。。

その頃、プリンちゃんがおうちに戻ってきた。
サッチーは喜んだそうで、食欲が少し出たという事だった。

でも・・・4月の桜の開花に合わせるように、サッチーは逝ってしまった。
たーぼーさんが忙しくなる時期の前に逝ってしまったそうで、「親孝行な子だったよ」といっていた。

片目でひんそで、「野村佐知代」に似てるからと、サッチーと名づけて笑ってくれたたーぼーさん。サッチーはたーぼーさんと最期を暮らせて本当に幸せでした。
私は、保護しか出来ず、ともに辛さを乗り越えられなかった・・・ごめんなさい。
本当にごめんなさい。

サッチー。3日しか一緒にいられなかったけど、可愛くてダイスキだったよ。

あまりにも短すぎた、あなたの命。
悔しいよ。

でも、サッチー、あなたは・・・それでも幸せだったんでしょうね?
a0164292_23392966.jpg
a0164292_23394562.jpg

a0164292_23381468.jpg
a0164292_23382622.jpg
a0164292_23384914.jpg

a0164292_23401096.jpg
a0164292_23402533.jpg
a0164292_23404334.jpg
a0164292_2341245.jpg
a0164292_23411876.jpg
a0164292_23414014.jpg
a0164292_2342218.jpg
a0164292_23421893.jpg
a0164292_23423373.jpg
a0164292_23424920.jpg

[PR]
by hi_mama825 | 2010-04-08 23:45 | サッチー(個人保護)

幸せに・・・

a0164292_23585071.jpg

このブログに乗り換える前のヤプログ。1月半ばまでつけていました。
その時の一番最後の保護猫・サッチーですが、覚えていますか?三毛猫サッチー。うちの近所のコンビニに昨秋?より居ついてしまい、「不衛生」と苦情が出て、保健所が捕獲することになったのですが、捕獲後のことを思いやると(ガスで殺す)忍びない・・・とのことで店長がそのまま置いていた猫でした。
冬の寒さにガリガリのサッチー、とても気になって、店長に経緯を聞き、見過ごせずに保護してしまったのでした。。
a0164292_012526.jpg

でも、サッチーはエイズ陽性で片目白濁でシラミに冒されていて、猫預かりの大先輩たーぼーさんに相談し、ちばわんの保護猫にしてもらい、たーぼーさんちに移動していました。
代わりに我が家にはのりとりーが来たのでした。。。

あれから2ヶ月経ちましたが、サッチーは今もたーぼーさんのおうちで、お世話してもらっています。
実は・・・サッチーの猫エイズですが、かなり進行しているようで、ステージも末期のようです。。。
移動してからしらみ処置をしても駆虫しても、なかなかよくならず、やっと退治すると、今度は皮膚にトラブルが出ました。そしてそれを治療していると今度は嘔吐や下痢やら。むくみやら。
もともとガリガリのサッチー、2kgほどしかないのですが、それがさらに減っているそうです。

そして、先日「サッチーをうちの子にしたい」とのお申し出をいただきました。
びっくりしました。そして上のような状況を知ったのでした・・・

サッチーは、スリスリごろごろ、甘えん坊で、たーぼーさんにいっぱい可愛がられています。
「心の友」のようにサッチーを可愛がってくださっていて、とても嬉しいです。
カニカマ好きで、毎日ぬくぬくストーブの前が定位置で、おなかがすくと「すいた!」と文句を言ってうるさかったりするそうです(苦笑)
うちにいたときも、「水がこぼれた!」とダンボールハウスで文句言ってたっけ・・・笑
満足すると後はゴロゴロの大人しいサッチーでした。たーぼーさんちでも同じね^^

たーぼーさんは預かり先を最初考えてくれていて、そうするといろんなことを改善しないとということで、色々手を尽くしてくださっていました。それがなかなか良くならない。
毎日サッチーに「痛い思いさせてごめんね」と言いながら過ごしていたそうです。。
今回たーぼーさんちの子にしてもらい、苦しい処置の日々を抜けて、のんびりと余生を過ごさせたいとのことでした。

すべて納得して、たーぼーさんにお願いしました。
いえ、最初移動してからは、サッチーはすでにたーぼーさんちのサッチーでしたからね。

2度、ねこ親会で再会しましたが、サッチーはいつでもどこでもよい子のサッチーで、オキャクサマ大好き、片目でもにこにこなサッチーでした。
a0164292_02402.jpg
1月末のねこ親会で再会・・・まだ左目があった頃。。
またねこ親会で逢いたいな。

きっときっと大好きなかあちゃんと暮らせば、サッチーは幸せだと思います。
きっとエイズに負けずに、たくましく生き抜いてくれると信じて。
そして、きっと最期は、ぬくぬくしたまま、すっと逝ってくれると信じて。

よろしくお願いします・・・たーぼーさん。
サッチー、幸せに。。。

072.gifたーぼーさんのBLOG「犬でも猫でもOk!4」
[PR]
by hi_mama825 | 2010-03-23 00:03 | サッチー(個人保護)