いぬもねこも大好きです。「ねこ預かりボランティア」をしています。


by ひーまま
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:千葉県動物愛護センター( 9 )

ほっとする…

a0164292_1733261.jpg

今年最後の清掃ボラに行きました。とりあえず脱力感…ローズにご飯あげました。可愛い…
我が家の子達にはあんなつらい場所、絶対行かせない。
とりあえず散歩行って来ます。

明日にはブログ書けるかな…
明日は支所から猫さん引き出して来ます…
[PR]
by hi_mama825 | 2011-12-15 17:33 | 千葉県動物愛護センター
8月以来の清掃ボラでした。フローラママ、オカンさん、Nさん、Mさん、Iさん(初)、私の6名で3時間ほどで終了しました。
みなさん、毎週のように通ってくださっていて、てきぱきと作業してくださり、合間に優しく犬たちに声を掛けて、その様子を観察してくれました。有難うございました。

レポートを書くには私はあまりちゃんと観察出来ていなかったので、撮った写真を。。。(ビデオの静止画なので、ちゃんと撮れてません、ごめんなさい)

仔犬舎(12/11と12/22に譲渡会があります)
10頭ほど仔犬がいました。みな元気でした。
a0164292_23155873.jpg
a0164292_23161278.jpg
a0164292_23162820.jpg
a0164292_2317275.jpg
a0164292_23172264.jpg


猫舎(12/11と12/22に譲渡会があります)
6匹の子猫がいました。(引き取りした子猫のみ。ワクチン1回接種済み、駆虫済み)
a0164292_23204847.jpg
鼻水が悲惨な子猫さんですが、抗生剤を飲んでだいぶ収まってきているようです。
a0164292_23211985.jpg
3匹で収容されましたが、他2匹は次々死んでしまったそうで、この子も見ていると変な動きをして苦しそうにぐるぐる廻って身をねじっていました。。感染症のおそれあり。。
a0164292_23213915.jpg
健康状態はまったく問題なしの子猫たち。10月から収容されているとのこと・・・収容時は8匹ほどいて、貰われていったそうですが、この子たちは少しシャイみたいです。
でも見た感じ、飼うのに問題のないほどです。
子猫は以上でした。

鑑定室
a0164292_23285737.jpg
負傷子猫がいました。
が、かなり人を嫌っていて、相当な威嚇でした。よほど怖い思いをし、よほど体が痛いのか。。。
治療をするにもかなり大変かもしれません。。必死に威嚇する姿に、胸が痛みました。
反対側に服を着たままのぼろぼろのシーズー?と、前回のレポートでもう亡くなる寸前ではないかと言われいた小型犬が、丸まっていましたが生きていました!

清掃をした仔犬室
a0164292_23331177.jpg
a0164292_23333437.jpg
a0164292_2334546.jpg
a0164292_23343014.jpg
a0164292_2335854.jpg
a0164292_23352781.jpg
a0164292_23362257.jpg
a0164292_2338025.jpg
a0164292_23393528.jpg

びびりな子はいましたが、どの子も比較的元気でした。清掃で移しながら、声をかけてぎゅっと抱いて・・・
小さいのに頑張る子達。。いいご縁ありますように!

清掃した成犬室
ポールに溢れるほどの赤ちゃん犬たち。。。身を寄せ合っています。
a0164292_23431517.jpg
a0164292_23433465.jpg
a0164292_23435794.jpg
この白い子はとても優しい子で、小さい子たちが寄って来るとそっと舐めてあげていました。小さい子達にとってこの子がまるで親のようでした。
小さいのに助け合う姿・・・どうしてここなのでしょう。。
a0164292_23454663.jpg
a0164292_2346364.jpg
ありがとう・・・早くここから出れますように!!
a0164292_23484433.jpg
a0164292_2349774.jpg
a0164292_23492487.jpg


収容部屋
1日目の部屋には大きなゴールデン(MIXかもしれません、グレートピレネーとかの。。)がいて、とても可愛い子でした。写真撮り忘れました。
2日目の部屋には今日清掃前に収容されたテリアMIXが入っていました。可愛い子です。写真無しです。
以下はおそらく3日目の、何も書かれていなかった子達です。
なんとなくぐーちゃんに似ていて、哀しい目をしています。
a0164292_2350321.jpg
a0164292_23504539.jpg
a0164292_23513354.jpg
a0164292_23515098.jpg
a0164292_23521531.jpg
a0164292_23523575.jpg

4日目の部屋にいた、とても懐こい黒ラブくんと、ガンドック系のわんこさん。
a0164292_2358473.jpg

そして、最終部屋には4匹でした。
a0164292_003134.jpg
a0164292_015060.jpg
a0164292_005855.jpg

見えない死角に、皮膚炎か脱毛した子がまだいました。

以上です。
[PR]
by hi_mama825 | 2011-12-01 00:03 | 千葉県動物愛護センター
3月、5月、そして昨日、今年3回目(自身4度目)の千葉県動物愛護センターへ清掃ボランティアに参加してきました。
先月上旬に猛暑に比べ、30度ほどの気温とのことで、ややほっとしながらも、水分補給と着替え一式を準備していざセンターへ。
しかし・・・やはり作業中は大変蒸し暑くて、くらくら、ドキドキ、ガンガンしてしまいました。。

まず受付でごあいさつをし、記帳し、今日の犬たちの様子など連絡事項(下痢の子がいないかなど)をセンターの職員さんから受けます。(きちんと書面でもいただくので分かりやすいです!)
その後、作業前に、まず慰霊碑にお線香をあげ、そして仔犬舎を見学しました。
a0164292_1420512.jpg
a0164292_1421321.jpg
先週仔犬舎から全頭引き出したため、今日の仔犬舎はからでした!初めて見ました~からのお部屋を。。

さて、昨日は猫の手さんがリーダーになってくださり、参加者は5名でした。
2名と3名に分かれ、仔犬室と検疫室を清掃しました。
私は検疫室に行きました。他の参加者のゆうぴょんさんやダヴィンチ母さんにぐいぐい引っ張ってもらって清掃しました^^;
作業中、合羽の中には汗と蒸気がこもり、気がつけば手袋の中には水滴が・・・第一関節くらい溜まってました!
さらに靴下の中もびっしょり・・・
とにかく脱水になってはいけないので、作業中、合間には持ってきたポカリスエットを飲んで、作業して、また飲んで・・・ふー。

でも部屋は以前に比べ、とても綺麗でした。下痢の子以外、とても綺麗でした。(作業をしようと、別の場所に犬を移動するとそこでおしっこやうんちをするんですよ。部屋を汚したくないのかもしれないな~ってみんな言ってました)
日々お世話してくださるセンター職員の方々には本当に感謝です。。

作業中、犬を他の場所に移動しますが、びびりな子もいます。Iさんがゆっくりゆっくり語りかけ、犬に納得してもらってから移動してる姿・・・つい作業を優先してしまい早く動かそうとしていた自分が恥ずかしかったです。
(綺麗にして気持ちよくしようね。お願いね。)と語りかけ・・・
なかなか大変なのがこの移動作業だったりします。。怖くて噛もうとする子もいますし、大きい子もいますし。
どうしても部屋から出ない、動かしにくい子は、その部屋の中で場所を少しずつずらさせながら、掃除しました。

3時間近くで2部屋を作業しおえました時には、体中汗でぐっしょり!控室で着替えようと脱ぐと、汗がぼたぼた垂れました。今の時期必ず着替え一式必要ですよ。風邪引きますから~^^;

差し入れの飲料を先生のご厚意でいただきました。助かりました、ありがとうございます!
持っていった塩飴を舐めてもらって、そして着替えた後は、今度は見学をしました。

頭も体もちょっと疲れた私・・・写真をまともに撮れませんでした、ごめんなさい。でも載せますね。

●譲渡室
子猫たち(だいぶ大きくなっていて2ヶ月くらいの子たちでした。猫風邪をひいてる子、痩せてる子、3部屋で15匹ほどでした)
a0164292_14293286.jpg
a0164292_14294772.jpg
a0164292_1430316.jpg
a0164292_14301453.jpg

a0164292_14315419.jpg
a0164292_14321088.jpg
a0164292_1432228.jpg
a0164292_14325262.jpg

a0164292_14331968.jpg
a0164292_14334378.jpg
a0164292_1434554.jpg
a0164292_14342040.jpg

1.2枚目の黒い子がかなり痩せていて心配です。。
犬たち撮れなかったです、すみませんがレポート見てくださいね。

●鑑定室
犬たち
a0164292_14362387.jpg
a0164292_14372213.jpg

●猫
今回はこの負傷猫さんを引き出し、運搬することになっていました。(本当は負傷猫2頭だったそうですが、亡くなってしまったそうです。引き出してくれると申し出てくれた預かりさんがいたのに・・・残念です。)
a0164292_14382025.jpg
心配でしたが、甘えん坊のでっかい男の子で、外傷は今は見当たらず。夜に埼玉の預かりさんが我が家に迎えに来てくれました。短い時間でしたが、めいっぱいゲージで甘えん坊してました^^
a0164292_14504918.jpg

とってもいい子です、募集が始まったら応援お願いします。(ちょっと見、ノルウェージャン?)

しばしこの部屋から動けずにいました・・・負傷猫さんでもう駄目だろうと思われる子がいました。のこの最期を思い出しました。おそらく事故でひかれたとろうとのこと。。。苦しそうでした。ごめんね。撫でてあげるしか出来ませんでした。。
a0164292_14424022.jpg
外にいる猫は事故の可能性も高いです、完全室内飼いをお願いします!愛する子をこんな苦しく辛い目に合わせないでください。。

そして、収容棟。くらくらしてて全部を撮れませんでした、すみません。
a0164292_1444544.jpg
a0164292_14451142.jpg
a0164292_14453033.jpg
a0164292_1445528.jpg
a0164292_14462017.jpg
a0164292_14463623.jpg
a0164292_14465444.jpg
a0164292_1447118.jpg
a0164292_14472770.jpg
a0164292_14474774.jpg
a0164292_1448880.jpg
a0164292_14482865.jpg


いつもセンターレポート、みなさん書いてくださって感謝です。私は清掃後はどうも集中出来ず、こんな感じでしかかけずすみません。
猫さんのことがどうも気になり、そちらばかり見てしまいます、すみません。

以上です。

我が家の子たちが気になったので、すぐ帰路につきました。ももも、きはちも、さもんも、みんな元気でした、ほっとしました。
みんな、絶対幸せにするからね!!!
a0164292_14562029.jpg
a0164292_1456463.jpg
a0164292_1457955.jpg

[PR]
by hi_mama825 | 2011-08-02 23:53 | 千葉県動物愛護センター
まずは・・・FANの多い、福ちゃんのお写真が届いてますよ~。
a0164292_21404459.jpg
a0164292_2143557.jpg
a0164292_21431752.jpg

福ちゃんが巣立ったのが昨年9月でした、でもねこ親さまはすでに昨年の今頃は決まっていました。あれから一年・・・早かったなぁ。
福ちゃんは今、福ママのご実家で、「みんなを笑顔にさせるお仕事」をしているそうで~す(#^.^#)
あんなにシャイだった福ちゃんも、今やみんなのアイドルにゃんこだそうです。
福ちゃんは1~2歳くらいの大人にゃんで、片目でしたが、その愛らしさに惹かれた福パパとママの熱いラブコールでお嫁入りが決まったのでしたっけ。。
a0164292_2385884.jpg

いや~福パパも福ママも「見る目あった!」ですね♪♪
福ちゃん、私も福ちゃんに出会えて、ほんとに大人猫の魅力と、そしてハンデあってもそれが個性!って、世間のお言葉がはっきり分かりました。
大好きだよ~~福ちゃん。早くまた逢いたいな~~!

新人さん、着てますよ。
a0164292_21564018.jpg
a0164292_21565888.jpg
a0164292_21571922.jpg
a0164292_2204557.jpg
a0164292_22127.jpg
a0164292_2212335.jpg

久々に男の子2匹。2年前のデール&チロル以来です。

昨日「千葉県動物愛護センター東葛飾支所」へお迎えに行きました。
この2人はきょうだいではありませんが、5/24に支所に持ち込まれました。
小梅と小雪は6/3に支所に持ち込まれ、6/9に引き出しました。
つまりその間も彼らはそこにいたのです。。
サバ白は5/26に一度譲渡手続きがされたようですが、結局2人とも2ヶ月を支所で過ごしました。
推定でサバ白が4月生まれ、茶トラが5月生まれです。

ふたり一緒にキャリーに入れてもらい、帰る道中・・・思いもよらぬことが起きました。
いつもなら、引き出した子猫はびびって固まっているのですが、このふたり、すぐにくんずほぐれつ転がって遊び初めました。
なんてまぁ、元気な!と思いながら運転していると。
「うにゃ~~!!」
と茶トラの悲鳴がしました。助手席のキャリーケースを覗くと、完全にサバ白が茶トラに勝って、抑え込みながら首にかぶりついてました(汗
オス同士の力比べになってました。
「こら!やめなさい!」と怒鳴りながらの車中になってしまいました><
30分、早く帰宅しなきゃしなきゃで、めちゃくちゃ焦った運転になってしまいました。
無事帰宅して、ダッシュでリビングに行って、早速ゲージを分けました!

車中で毛が舞ったので、茶トラの毛をチェックしましたが、脱毛は大丈夫でしたぁ。ほっ。
やはり2ヶ月のゲージ暮らしで、ストレスもかなり溜まっているのだろうと思い、ふたりを1日別にしました。
交代でリビングに解放し、散々遊ばせ、そしてごはんを用意すると、めちゃくちゃ食いついてました(汗)底なしな食欲にびっくりでした。

昨夜はさすがにちょっと落ち込みました・・・仲良く出来ないんじゃ、どうしたらいいんだろう・・・
でも、サバ白はとっても人が好きで、頼っていて、ということは、人がいっぱい遊んであげれば、茶トラに行った力比べも多少は減るかもしれない。。

ということで、ゲージにもおもちゃや遊べるものを工夫したりして、気分を晴らす機会を増やしてあげたら、今日はだいぶ落ち着いていられるようになりました(●^o^●)
まだ、力比べすることもありますが、茶トラも「まけにゃいぞ!」と自分から挑むことも増えました。よかった。。
ごはんのバカ食いも今日は余らせるようになり、欲求もだいぶ満たされたようでした。

今日は検便と血液検査を受けました。
検便はセンター収容中にふたりともコクシジウム治療を受け、数日置きに検便も済ませてくれていて、ばっちりOKでした。
血液検査も猫エイズ・白血病、2人とも陰性でした。

体重がサバ白1.6kg、茶トラ1kg。茶トラの耳の中が汚れてはいましたが、耳ダニはいなくて、体にもノミダニもいませんでした。
茶トラくんは大人しく検診され、サバ白くんは終始「ゴロゴロゴロゴロ」と響かせてくれて心音が聞けない!と先生笑っていました(苦笑)
どちらも採血も大人しく、本当にいい子に診察受けました。性格よしです!

ということで、センターでワクチンも2回済んでいるので、もうばっちりねこ親さま探しが始められる状態です。

「2ヶ月」もの間、頑張ってお世話してくださったセンター職員さまのお陰でふたりは健康体で引き出せました。
「なんとか里親を」と私たち・ちばわんに託してくださいました。

福ちゃん(ブーケちゃんたちきょうだいも)も「支所」から依頼があって引き出された子です。
a0164292_2392975.jpg
一番最初に見せられた写真。「この子、引き取ろう!」と思わせてくれた写真です。
a0164292_2395125.jpg
「ブーケと福」、引き出し後、chieさんの家に一時預かっていただいてる時の写真。

同じ場所から来たこの2匹。キミたちにも待っていてくれる家族がいるんだろうな。。。
a0164292_2341659.jpg

センターの皆さま、受け取ったバトンを、ねこ親さまにタッチ出来る日まで、愛情たっぷり注いでいきますね!今までありがとうございました!

**********
来月2日、富里のセンター(本所)へ清掃ボランティアに行ってきます。
熱中症に気をつけて、足手まといにならないよう気をつけてやってきますね。
[PR]
by hi_mama825 | 2011-07-30 23:06 | 千葉県動物愛護センター
昨日清掃ボランティア&運搬ボランティアで、千葉県動物愛護センターへ行きました。
午前中は清掃ボラは7名で作業しまして、いつもの半分(だいたいは4時間くらい)2時間で2つの部屋(選定室と仔犬部屋)を綺麗に出来ました。それでも、汗だくです・・・この季節からは本当に熱中症の危険がありますので、2時間くらいが限界ではないかと思います。多くの手が集まれば短く済みます。
着替えと水分補給のものは持って行ってください。

清掃後、気にかかっていた猫の状況を見てきました。
※犬の状況などは「愛護センターレポート」をご覧ください。
a0164292_2075344.jpg
「譲渡室」と書かれた部屋に猫は3段に分かれたゲージを2つならべたものの、下4部屋に入れられていました。
a0164292_2083330.jpg
目算でも30頭はいました・・・行くたびに増えています・・・
でもここにいる子達は「譲渡用」ですので、ここで生き延びて誰か貰い手がつけば、ここを出れます。一刻も早く出してあげたい・・・
トイレにと作ってある箱にも猫は入っています・・・
a0164292_2085341.jpg
茶白の子は目が開きませんでした。猫風邪をこじらせ、腫れあがったまぶたで目が開けずにいました。
a0164292_209646.jpg
きちんと点眼し、抗生物質で処置すれば初期の風邪は治るのに、ここまでひどいと・・・。また周りの子に猫風邪が移ることもあります・・・今は綺麗なお目目の子達のことも心配です。でもくしゃみをして鼻をたらしている子は見た限りいませんでした。
a0164292_2095411.jpg
この子たちは先ほどの子たちより週数が若く、おそらくまだ離乳するかどうかの子たちです。母を求める「にゃー!」という声に胸が締め付けられます。
a0164292_20101866.jpg
白いロシアンブルーのような子はこの多くの中から選ばれて貰われて行きました・・・どうか幸せに!!
a0164292_20103569.jpg
キジトラ(キジ三毛?)は一生懸命鳴いて、一生懸命アピールします。こうして前に出て、いっぱい人にアピールすることで目立ち、人懐こいなら、貰われる可能性も出ます。本能的に分かっているのかもしれません。
a0164292_2011864.jpg
トイレに固まって出てこない子たち。サビ猫さんたちです。サビ猫はほぼ「メス」です。サビ柄が好きな方も多く、ねこ親会でも人気があるので、譲渡会に出れば・・・でもすごい数です・・・
a0164292_20113093.jpg
今回「すずらん」の募集で「キジトラ好きです」という方も多かったので、この子たちもここを出ればほしい方も多いと思いますが・・・やはり風邪で目がひどい状況の子もいました。

私は本当は今日ここから2匹でも引き出そうかと思っていました・・・
でも、また「すずらんとロア」たちの仲間(仔猫3匹)を預かる予定が入ってしまいました。
ロアとすーと、その3匹・・・もう、これ以上キャパが無く、泣く泣くあきらめました。。
無力さに襲われています。

帰宅してから、やっぱり引き受ければよかった・・・そう今も思います・・・
あなたたちと、道端で出会いたかった、そうしたらまよわずすぐ連れ帰るよ・・・

猫たちはすべて持ち込みです、飼い主であり、また庭に野良が産んだ子の場合もありますが、すべて「不要」とされた子達です。
離乳前の赤子もいます。でも、離乳出来ない子はすぐ処分になります。
だからこの写真に写された子達は生き延びている子です。多くの命がすぐ消えてしまいます。

センターの収容情報に載るのは、負傷して保護された猫などです。「収容された子はいません」と表示されていても、実はこんな子達が山ほどいます。

これが哀しい現実です。

※写真提供 翔ママ ありがとうございます。。

★追記★
センターはけして「絶望の施設」ではありません。
限られた職員さんたちで、頑張っています。
そしてそこにボランティアや個人の方が支援の手を差し伸べ、協力をしています。
少しずつ状況も改善されていて、センターに行くたび、感心しますし、次に来る時は「私もあれを持ってこよう!」とアイデアが浮かびます。
みなが少しずつ変わろうとしています。

また、この日は譲渡会もあったのですが、多くの家族が来ていて驚きました。
どの子にするか決めた後、講習会に参加する方々、熱心に参加されていました。
そして選んだ犬や猫と帰るご家族の笑顔・・・幸せそうにしっぽを振る犬の姿に、私は嬉しく思いました。
大人の犬を選んでくれたご家族には「ありがとう!」って思いました。
わんこには、「幸せになってね!」そう思いました。

他、子どもたちに保護犬のことを知ってもらうための「デモ犬」たちにも逢えました。
なつこく優しい子たち。保護犬たちにもこうして役目を持って違う犬生を送るものもいます。

仔犬舎のお掃除を頑張ってくれるおばさん、犬猫たちの健康管理を頑張ってくださるT先生、多くのボラや一般の方を優しく接待してくださる職員の皆さま、センターは絶望ばかりではありません。

ぜひ、一度はセンターに足をお運びいただき、実際にみなさんに逢ってもらえたらな~って思います!

変らなきゃ!
何かを、誰かを変えたいなら、自分が変わらなきゃ!ですね・・・
まずは知ることから・・・

[PR]
by hi_mama825 | 2011-05-27 20:53 | 千葉県動物愛護センター

悲喜

桜のつぼみもほころびかけてきましたよ・・・
a0164292_15221755.jpg

我が家の安らぎのひと時・・・
a0164292_1520578.jpg
a0164292_15202664.jpg
a0164292_15204221.jpg
a0164292_15205472.jpg
福ちゃんもようやく我が家の空気に馴染んだようで、ゆっくりお昼ね出来るようになりました。今日はのこちゃんともお鼻でチューのごあいさつしたし(写真撮れず!)もう安心できます。穏やかな時間が流れます。。


昨日、千葉県動物愛護センターで、お掃除のボランティアをしてきました。
とても寒い一日で、冷え切った部屋、水の作業で、終了すると足が震えました。
でも、それでも春は近付いてるのですから、寒いなんて言えないです。
収容されている犬猫たちを思えば、こんなこと大したことではないですね。
あの場所に行くといつもそう思います・・・。
清掃も大変ですが、精神的に打ちのめされる場所です。
病気がまた見つかり、慎重に清掃をしました。ワクチンをしない子たちの哀しい病気・・・またです・・・助かった命もまたこのせいで消えてしまいます。
どうかどうかと祈りながら、必死で清掃しました。

それでも日々通ってくださるボランティアのお陰で、随分前進している活動です。
でも、震災の影響で、今はまだセンターでの前のような活動が出来ていないと思います。
来週あたりからまた少しずつ前進するかな・・・

下にセンターでの写真をUPします。。
[PR]
by hi_mama825 | 2011-03-25 15:37 | 千葉県動物愛護センター

つながる・・・

まずお礼から・・・
私の実家のMダックス「そらくん」宛、クリスマスの贈り物が届きました。
a0164292_23113372.jpg

翔ママの心強い応援サポーターの「もか王さん」からです~(*^_^*)
じゃーーん!!
a0164292_232538.jpg

素敵なハーネス、これは翔ママのお宅の預かり子「銀河くん」が今月のいぬ親会でつけていたものと一緒の形のハーネスです。
a0164292_2374771.jpg
翔ママに見せていただいたのを、母にカメラで見せたら、「いいねぇ!」と言って羨ましがっていたのを、お話したら、なんと!そらのために作ってくださいました!!それも、サイズをお知らせしたら、早々に作ってくださって・・・びっくり!!!いや、翔ママのブログでいつも素早いサポートをされていてすごいな・・・と思っていましたが、本当にすごすぎです~~もか王さん!!!
北海道からのとんでもなく素敵なお届け物に、目頭が熱くなりました。。思わず、ゆきみに装着させちゃった!
a0164292_2384515.jpg
あは、もちろん留めることなどできませーーん。すみません^^;でも・・・素敵でしょ!!
a0164292_2391862.jpg
コートまで「寒いでしょうから」と・・・ありがとうございます。

chieさん撮影、預かり時のそら(仮名あぽろ)
a0164292_2316874.jpg
そらは、1年前の8月、放浪していたところを保護され、東葛飾のセンターに収容されていたのを、chieさんが引き出してくれました。(お見合いの日、今は虹の橋の「芽々ちゃん」と。。)
a0164292_2319191.jpg
そら(あぽろ)はシルバーダップルという毛色だそうですが、その濃い色の部分の毛がほとんど脱毛しています。
その脱毛が他の犬に移るものか、原因が何なのか・・・調べてみると、遺伝病とぴったりあてはまりました。
「黒色被毛毛包形成不全」
無理な毛色の繁殖の影響なのです。。

犬はファッションの一部??
小さくしたい!色を綺麗にしたい!・・・そういうものでしょうか?
そらの脱毛部分はまるで毛のように写真では見えますが、肌が露出しているのです。黒ずんだ肌。。
犬にとって、皮膚を覆う毛はとても大切なものです。それを、半分失っているそら。強い紫外線は大敵です。

今、そらの脱毛部分には、うっすら産毛が生えてきています。でも、それも時期が来たらまた抜け落ちてしまうこともありえるそうです。
それでも、母たちは、「生えたでしょ!」と喜んで、そらをいとしげに撫でています。
皮膚が弱い影響で、今年は「マラセチア」治療もしました。その治療と、まめなシャンプーで今は落ち着き、産毛もよく生えてきています。
a0164292_23251241.jpg


早く、「犬猫はファッション」のような勘違いに気がつく社会になってほしいです。
センターにはそういう純血種の犬も多くいます。しっかりしたブリーダーさんもいますが、とてもそう思えない、単なる「お金」としてしか見れない方もいるようで、その犠牲の子たちが日々持ち込まれます・・・。
ペットショップの可愛い子犬仔猫には母がいます。それもパピーミルとして産ませられ続け、ボロボロになって・・・センターにはそういう母犬らしき犬も持ち込まれます。。
犬猫にも心があります。いえ、犬も猫も小動物も、虫も、そして人も、みな同じ命なのです。
なんという残酷な仕打ちなのか、自分がそういう行為を受けたら、どんなにか気が狂う思いかを、今一度考えて、いえ、味わってほしいものです。。。

そんな子たちが、またセンターに持ち込まれました。
12/27のレポートの2頭の子たち
a0164292_23293514.jpg
左・セッターのもあちゃん、右・ジャーマンポインターのもえちゃん
共に「かえでママさん」が保護してくれました。
かえでさんは、犬預かり仲間の「きこさん」宅から秋に「タニーくん」のいぬ親さまになってくださった方です。
a0164292_2339496.jpg

タニーは「かえでくん」という新しいお名前をもらって、愛されています。

実はかえでママさんちは、我が家から車で10分ほどなのです。ですので、遠いきこさんに代わって、かえでママさんに逢いに行ってきました。
そして、もあちゃんともえちゃんの様子を見てきましたよ。
a0164292_23441387.jpg

セッターやポインターのイメージよりもかなり小柄ですね。
共に6歳ということだそうですが、まだまだ若いです。
a0164292_2348115.jpg
もえちゃんは今ヒートということで、おっぱいがかなり大きかった。。。どんなに出産させられたんでしょう。
散歩の引きは強いとのことでしたが、ゲージでのもえちゃんはとても控えめで、もあちゃんに「うー」と唸られても、シュンとしてしまう、大人しくていい子です。優しいねぇ。

もあちゃんは、狩猟犬の本能なのか、かえでママさんちの猫さんにとても反応していました。
a0164292_2350544.jpg
でも、人懐っこくて、甘えん坊ちゃんですね。可愛い笑顔が魅力です。
いっぱい遊んであげて、いっぱい散歩もしてくれる、活動的なおうちがぴったりです。

とても綺麗な子たちでした。お手入れはちゃんとしていたようですが、どうして、棄てに来たのでしょう。
老夫婦が軽トラで持ち込んだのです。
つい先日も同じような狩猟犬がいました。
同じ人たち??

名前を控えておいて、訴えたいくらい!!!
もう二度と繰り返さないで!!!
・・・でも、そういう輩はまた馬鹿な行為を繰り返すんだろうなと、諦めな自分・・・情けない現実・・・
どうか、どうか、こういうところから、犬を買わないでください!!!
犬も猫も「お買いもの品」、ましてや「セール品」ではないと切に願います。。

もえちゃんともあちゃんの応援お願いします。初預かりのかえでママさんのブログはこちらです。
6+1+わたし=0
[PR]
by hi_mama825 | 2010-12-29 23:02 | 千葉県動物愛護センター
今日から冬季オリンピックが始まりましたね。
すっかり忘れてましたよ(汗
なので、夜にオープニングステージ観ました~。素敵でしたね。
壮大なショー、大好きです。観ていると、日頃の悩みも疲れもすっかり忘れて、浸れるので、唄も、踊りも、音楽も、映像も大好きです。。

明日はバレンタインなので、今日は昼、娘と買い物して、夕方から私はブラウニー、娘はココアクッキーを作りました。
a0164292_23193717.jpg
見た目は不揃いな娘のクッキー、でも味が抜群でした~~!焼き加減もGOOD!
友チョコ、もとい、友クッキーにするそうです^^
a0164292_23211475.jpg
私のブラウニーだって負けちゃいないわ★ もうちょっと固く焼いてもよかったかなぁ・・・苦笑
早速夜にパパさんに渡しちゃった^-^ 作りたてがいいよね~~♪

ということで、我が家のバレンタインは終了・・・あ!唯一の男の子・いこりくん。
キミにはチューでお許しを!
a0164292_23392868.jpg
ふん。

----
さて、本題である、昨日の「愛護センター清掃」のお話です。
昨晩書いたので、話が「今朝」となっていますが、昨日です。
センター清掃は平日のみですので、御注意ください。。

2/12(金)記

今朝は路面が凍結の恐れがあったので、ノーマルタイヤしかない私は、前夜から心配でしたが、路面はぬれているだけで大丈夫でした!
でも、運転してすぐ雪が降り始め・・・汗
我が家のある船橋から1時間半。
朝9時にセンターに着き、今日お世話になる運搬ボランティアKさん(女性)と、初めて参加してくださることになった練馬の運搬ボラSさん(男性)と合流。男性が加わってくださることはとても心強いですね!
Kさんは11時にはここを出ないと仕事に間に合わないとのことでしたので、センターのOさんに挨拶し着替え、Kさんが清掃の説明をしてくださりながら、大急ぎで清掃作業に取り掛かりました。

一昨日のブログで書いた準備品ですが、一通りセンターにもそろえてありました。
でも各自そろえて行く方がいいと思いますし、余ったものはぜひ寄付してあげてください。
いつでも誰でもつかえるように。。

清掃の手順をざっと・・・。(独自のやり方だそうです。規定など特になく自分たちで考えたそうです)
・検疫室にあるステンレスゲージから犬たちを(具合の悪そうな犬のゲージは最後。そこをやったらけして他の子を触らない)別のゲージ等に移動し、清掃(新聞紙・排泄物などの撤去、洗浄)、ビルコン消毒。
・水いれ、食器も同様。
・消毒後しばらく置いてからゲージから水分を除去し、元のように新聞・毛布を新しく敷き、水入れ・食器を補充して戻し、犬たちを順番に戻していく。
・犬たちを一時入れていたゲージ等も、同様に洗浄消毒。
・黄色いカゴ、床も全面洗浄消毒。
・清掃道具・脚立なども洗浄し、ビルコン消毒。
・最後に壁にビルコン噴霧。
・途中、仔犬は一時入れているゲージ等でも排便をするので、すぐに処理。

こんなところでしょうか。。合間、ビルコンでこまめに手洗いしながら・・・

大人3人で2時間掛かりました。
Kさん以外初めてでしたので、最初、説明を聞くのに時間が掛かったのもありますね。
何よりも・・・説明を聞くにも、検疫室は仔犬や小型犬たちの鳴き声で、それはすごいものがあり、聴こえないのです!「え?え?」と何度も聞きなおし、叫ぶように説明を受けたり。
すごいものです。。。

人が入ったことで、犬たちは一斉に興奮して叫びだすのです。また掃除中、水が掛かったりすると悲鳴に変わりますし、洗浄でブラシがガシガシ壁に当たる音に悲鳴を上げる子もいます。

清掃で一番苦労したのがその声でしたね・・・
写真では知りえなかったこの声、そして夏になったら匂い・・・・
検疫室と言えども、本当に過酷な環境です。
ステンレスゲージが入って、病気の伝染は減ったとは言え、3時間弱いただけでも、精神的疲労がずんとのしかかりました。。

洗浄するために犬たちを移動させますが、どの子もとてもいい子でした。
レポートで見ていた小型犬、ポメラニアンも、服を着たシーズーも、ミニチュアシュナウザーも、ダックスも、みんな吠えて興奮していましたが、抱っこして移動する時は大人しくされるがままでした。
でも、どの子も毛の手入れが・・・・絶句する状況でした。捨てた飼い主に憤りがこみ上げます。
どの子もトリミングしたらピカピカの可愛い子なのに、、かわいそうに。
すでに引き出し予定の子もいるようですので、あと少しだから、頑張るんだよ・・・。

仔犬たちは、手を差し伸べるととっても嬉しがって、我さきに!と溢れるように殺到するので、ゲージから落ちないようにするのにとても気を使いました。
かと思うと、具合の悪い子や怖がりの子は、じっと隅にうずくまっていました。
どうか、無事に検疫期間を経過してねと祈る思いでした。。。

作業中、ちっとも寒くありません。
いえ、かえって、汗を掻きそうになるほどでしたよ!
今日の寒さがかえって心地よかったかもしれません。
排泄物のにおいなどもあまり気になりませんでした。

それも、Oさんたちがここを綺麗にしてくれていたからです!
今回は「かなり綺麗な状態ですね」とKさんも言っておられました。

しかし、せっかく綺麗にしても、すぐに水?おしっこ?でぐしゃぐしゃ。ごはんを食べたらすぐに排泄。
エンドレスですよ・・・・汗

この部屋を綺麗にしておくには、やはり清掃ボランティアとしての協力が何より必要と痛感しました。
Oさんだけでここを今まで綺麗にしていてくださったなんて、本当にすごすぎます。
感謝ばかりです。

どうか、この子達が検疫期間を無事乗り越えるためにも、一人でも多くの方の御協力が必要です。
でも、一人で作業するのはとてもムリです。
お友達と一緒でも構いません。チームで参加されるとチームワークで段取り良くやれるかもしれませんね。
また1回参加すれば流れも分かりますから、そこからどんどん輪を拡げられたら、今回の運搬ボラKさんなど清掃ボラのベテランさんの負担も減ると思います。

詳しくは「ちばわん」まで、お問い合わせ下さい。
尚、平日のみになります、御了承ください。

清掃後は、私たちは急いでいたので、どこも見て廻る時間はありませんでした。
猫にも逢いたかったのですが、Oさんからの話で病気の恐れなどもあり、やめておきました。

更衣室で服をすべて着替え、合羽などと共に破棄してきました。
念には念を入れました。自分たちの犬猫を守るため。今後の預かりっ子たちのため。
帰路、ハンドルがすごく重く感じました。。疲れました。
体力的なこともありますが、精神的にも。犬たちの声がずっと耳に残っていました、、

Oさんが帰り際、とても気を遣ってくださり、お声を掛けてくれました。
そして沢山感謝してくださり「また来ていただけたら・・・」と控えめに言ってくださいました。

もちろん!また絶対行きますから!

唯一、仔犬舎を外からですが、撮りました。昨日午後引き出しされた子もいると思います。
a0164292_23442149.jpg

a0164292_23443368.jpg
a0164292_23444214.jpg
a0164292_23445377.jpg
a0164292_234538.jpg

[PR]
by hi_mama825 | 2010-02-13 23:58 | 千葉県動物愛護センター

準備

明日朝、センターの検疫室の清掃に行くので、言われたものを準備しました。
廃棄してもいいものということで、家にあったものと残りは100円ショップでそろえました。

a0164292_1575864.jpg

・合羽の上下
・マスク
・ビニール手袋(薄手なので二重にしています)
・タオル
・ヘアキャップ(これから買ってきます~汗)
・飲み物

他に、私は眼鏡をかけているので、もう使わなくなった前の眼鏡をしようと思います。
汗をぬぐったりちょっとした時に、意識せずに眼鏡を触るクセがあるので・・・。
眼鏡を取ってしまうと、何も見えなくなってしまうし、コンタクトはないし。
なので、替えの眼鏡を使うことにしました。
あと、一応貼るホッカイロ。

これぐらいで足りるかな・・・?

冷え込むとの予報ですが、一生懸命急いでやらないと時間が無いので、きっと汗を掻きます。
おそらく検疫室以外は見て廻る時間もないと思います。
わんにゃんのため、集中してやってきますね。
[PR]
by hi_mama825 | 2010-02-11 15:06 | 千葉県動物愛護センター