いぬもねこも大好きです。「ねこ預かりボランティア」をしています。


by ひーまま
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

トライアル10日過ぎました~ローズ

a0164292_13345167.jpg

ローズがお嫁入りして10日過ぎました。
そう、ローズが行った日にジルが来たから、新生活の始まりが同じなのですよね・・・。
先日獣医さんに行った時のことをパパさんからメールいただきました。
-------------------------------
さっそく獣医さんの所に連れて行き一通り見てもらいました。
鼻はウイルス性の物だとほぼ直らないと獣医は言ってました。
妻は最悪、蓄膿であれば膿を取り出す手術を検討しようと言ってます。

私達がベットで寝ていると、胸の上に乗って来ては顔を近づけてきます。
そこで、クシュンとやられます。鼻が悪いので、鼻水がちょっと臭うのです。
病院から貰った抗生物質を飲ませて様子を見ています。
薬も飲むのをまったく嫌がらないいい子です。

あと、気がついたのですが、ローズはほとんど耳が聞こえてない状態と思われます。
本来猫は音に敏感で、音のする方向に耳だけを向けたりしますが、
ローズの耳は全く動きません。缶詰の開ける音、ビニールや紙袋のカサカサ音に反応しません。
ローズがじっとくるくる目をして、首をかしげたりの行動は全て目で追っていた為と考えます。
天然っぽい抜けた感じは、じっと物の動きを集中して見ていた為でしょう。
電車や車でおとなしいのは、音が聞けなかったからだと思います。

今日、妻がまた病院に連れて行きその事も含めて聞いて来ると思います。
ハンデを持っていて、けなげさを感じこちらが居たたまれない気持ちになってしまいますが、
「だからな〜に」と言わんばかりの表情をします。
その全てはねのける愛嬌と元気さがローズの持ち味!

1週間たちましたが、元気にご飯を食べて少し大きくなった気がします。
もっと体力を付けて、大きくなって病気なんかはねのけてしまうだろうと願っています。
-------------------------------


その後、届いたメール。↓

-------------------------------
追加です。

やはり、耳はかなりの確率で聴こえてないらしいです。
ちゃんと知りたければ大学病院で精密検査とのことです。
病院で犬がかなり吠えてても、まったく怖がる反応がなかったそうです。
鼻水はけっこうサラサラになってきたけれど、まだ暫くは抗生物質とステロイドの鼻薬を使い分けで様子見です。
-------------------------------


ローズのために一生懸命考えてくれて なんとかしようと頑張ってくださり、本当に有難うございます。
ローズは我が家ではせまいロフトで暮らしていたので、耳が聞こえずとも、目で追うことでカバーしていたようです。
ローズは保護時、中耳炎のような状態を患い、治療はしたものの、やはり感覚は失われてしまったのですね。
a0164292_13305178.jpg

最初ふらつきがひどく、三半規管が・・・と書きましたが、やはり・・・
a0164292_13295041.jpg

あと気になったのは、瞳の瞳孔がほぼ開いていて、それもまた聞こえない耳をカバーする意味でもあったのかもしれないですね。

そのハンデの分、車や電車移動などはかえって楽になるかもしれません。
獣医さんでも他の動物の声におびえることもなく、人が多い場所でも気にすることなく済む。。。
ストレスを感じずに済むかもしれません。。白血病などのキャリアにはストレスが大きな誘因になりますから、。

鼻水はほんとに濃厚で匂いもして、それの方がネックだったので、薬で改善されますよう・・・
うちにいた頃の治療ではあまり改善されずに4ヶ月。結局抗生剤の点眼点鼻薬で様子を見るにとどまってしまいました。
効果が出ますように!!

最後に、超かわゆいローズちゃんを!!
a0164292_2303911.jpg

(撮影ねこ親さま)
ローズの可愛い写真は今後も、ねこ親さまのブログに登場していきます。
[PR]
by hi_mama825 | 2012-05-24 13:35 | ローズ